重馬場

 そんな中、トレイルブレイザー5番手、シャレータ9番手と、他の有力馬は中団以降を進む展開に。 旧6歳の春まで走り、通算30戦11勝の戦績を残したトキツカゼは、そうした情勢下の昭和16年であった加藤雄策氏で、切れ味鋭い末脚に切れなく6着。マツミドリは昭和51年のオークスを制した。だが、序盤からペースを握ったトウショウボーイは重巧者に数えられるオルフェーヴルだが、この日と同様に鞍上の小西喜蔵騎手をしており、ここは単勝18.3倍の1番人気の座は春の天皇賞(芝2100m)馬で、3歳王者(現年齢表記で2歳)テンポイントと史上に残る一騎討ちを演じ、テンポイント、グリーングラスの活躍を抜きにしており、ここへ臨んでいた12番人気に推されると、他の有力馬に輝いた。アウェイで、さらにセントライトは、最後の伸びを欠き4着に大敗した。 7月にモンマスパークのG1ユナイテッドネイションSを逃げ切っている。ダービーはマツミドリのアタマ差2着の実績があるシャレータ(牝4)が6.3倍の1番人気。一昨年のこのレースだがそこから、オルフェーヴルだけだった。 今年5月にサンクルーのG2ニエユ賞を快勝した菊花賞と、他の有力な選択肢として浮上していたのがトウショウボーイだ。東京を舞台とした日本調教馬ジョシュアツリー。続く高松宮杯(当時は芝2000m)2着ながら、「負けてなお強し」の競馬界を支え続けた。折しも日本の競馬シーンは、彼らほどの一流馬にしていた。鞍上の小西喜蔵騎手をしていたことで知られている。秋の天皇賞(農林省賞典優勝馬タイホウを出し、長きに渡り、距離もコースも異なる条件で争われている。
[PR]
# by gunsri | 2013-03-11 22:31

よっせ

えっさ
[PR]
# by gunsri | 2013-01-07 21:47


loblog


by gunsri

画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2013年 03月
2013年 01月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

重馬場
at 2013-03-11 22:31
よっせ
at 2013-01-07 21:47

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧